チャンバラ用のライトセーバーが欲しい

 

チャンバラ用のライトセーバーが欲しい

 

せっかくライトセーバーを手に入れるんだから、思いっきりライトセーバーを振り回したい!仲間と戦ったり、振り回して映像を撮ったり、一人で修行したりするのに最適なライトセーバーを紹介します。

 

 

チャンバラにオススメのライトセーバー

ウルトラセイバーズ イニシエイトV4

 

なぜこのライトセーバーがオススメかというと・・・ 同じ形のライトセーバーを店長が使ってます(しかも2本)。重さのバランスがいいし、すごく振り回しやすいし、価格も比較的リーズナブル。しかも結構かっこイイ。本体上部のくびれを持つと、振り回した時に安定します。

 

 

もちろん、同じ形の別色もオススメ。

ウルトラセイバーズ ダークイニシエイトV4

ウルトラセイバーズ イニシエイトLE V4(店長愛用)

ウルトラセイバーズ ダークイニシエイトLE V4(店長愛用)

 

■ オススメのオプションは!?

チャンバラ用の仕様として、オススメなオプションを紹介します。

 

ブレードは36インチにしよう

イニシエイトシリーズのブレードは通常、24インチの短いものが付いています。ですが、チャンバラするには36インチのものがオススメ。バージョンアップするか、追加ブレードを買おう。

 

戦闘用ブレードにしたほうがいい?

激しくチャンバラするなら、戦闘用ブレードがいいかも。激しく打ち合うとブレードはごくまれに割れることがありますが、戦闘用は肉厚なので割れにくい。ただし肉厚な分、重くなっちゃうし、割れにくいってだけで、割れないわけじゃないです。なのでその辺りは個人の判断で。店長は主にノーマルのブレードを使ってます。(何よりもあんまりハードに打ち合わないように!!)

 

ポンメルもバージョンアップがいい

通常のポンメル(本体底部の部品)だと、穴が大きく空いていて、スピーカーが結構むき出しになっている。何か異物が入ると故障の可能性があるし、反響が弱いので音も小さめ。出来ればポンメルもバージョンアップしたほうがいいかも。

 

エミッターの穴は出来れば穴なしの方が・・・

エミッター(本体の上部。ブレード挿すところ。)の穴は出来れば穴なしを選んだほうがいいです。チャンバラするときに、穴があると、手が削れる(笑)。まあグローブ着ければ問題ありませんが。ただ、穴ありの方がカッコイイので、店長も穴ありを使っています。

 

LEDスイッチは個人的にオススメしたい

カッコよさを求めるなら、LEDスイッチはあったほうがいいです。カッコよさはどうでもいいなら別にいらない。

 

フラッシュオンクラッシュ、エメラルド、V4サウンドなどはお好みで

好きな人は付けてください。

 

 

最後に・・・

チャンバラは楽しい!でもスポーツである以上、ある程度の危険はあります。普通にブレードがぶつかるだけでも怪我するし、滅多にないですが、ブレードが割れちゃって破片が目に入ったりしたら、それこそ大変。また金属製の本体がぶつかることもあるし、手が切れたりすることもある。まあ一年以上、月2〜3回のチャンバラ経験がある店長は、今まで自分も周りも、大きな怪我を経験したことがありません(経験豊富なマスターがいるのも要因でが)。つまり概ね安全ですが、何があるか分かりませんので、とにかく安全第一で楽しんでください。(怪我などは当店では責任持てませんのであしからず・・・・)

 

■ 他のオススメ

ウルトラセイバーズ メナス(店長所有)

両刀のライトセーバーならこちら。
再現度も高いし、実用性もGood。オフ会師匠のロバートさんも愛用。

 

ウルトラセイバーズ リバレイター

とにかく軽い!きっと使いやすい(実際に使ったことはないです)。

 

ウルトラセイバーズ イニシエイト

イニシエイトV4の前バージョン。こちらも使いやすいですよ。

 

ウルトラセイバーズ プロフェシー

これも軽い。カッコよさもあるし、きっと使いやすい(実際に使ったことはないです)。

 

ウルトラセイバーズ イーオン

イニシエイトの長いバージョン。これもきっと使いやすい(実際に使ったことはないです)。

 

ウルトラセイバーズ コンスラー(店長所有)

レプリカの中では使いやすいライトセーバー。

 

 

※ セイバーフォージとベイダーズヴォルトに関しては、実際にチャンバラで使ってる人を見たことが少ないので、下のライトセーバーを除き、割愛させていただきます。

 

セイバーフォージ ファーレン

こちらは第一回オフ会の講師、女性のちょうわさんが愛用。結構使いやすいみたいです。

 

 

他に「このライトセーバーどうですか!?」ってのが知りたい人は、下のフォームからお問い合わせください。

お問い合わせ内容

 

 

ページの先頭へ