スター ウォーズの時系列をわかりやすく紹介!

1977年に第一作が公開され、スピンオフを除くと計9作公開されています。最初はメインとなる話を三部作で公開し、その後前日譚の三部作、続編の三部作という順番で公開されました。なので時系列がちょっと入り組んでて分かりにくいので、こちらで解説しますね。

 

 

 

エピソード1~3がダース・ベイダー誕生の物語/アナキン&オビワン

オリジナル三部作で人気が出たダース・ベイダー(=アナキン・スカイウォーカー)の誕生秘話やったら面白くね?ってことで制作されたのがエピソード1~3。2000年前後に公開。ジェダイであったアナキンがいかにして闇落ちしダース・ベイダーになっていったかが描かれてる物語。なので若い頃のオビワンやヨーダ、皇帝なども出てきます。

 

エピソード4~6がオリジナルでメインの三部作/ルーク&ハン・ソロ&ダースベイダー

まず語られるべきはエピソード4~5。1980年前後に公開された三部作が中心にスター・ウォーズの世界が展開します。ダース・ベイダーを筆頭に、ルーク、オビワン、ハン・ソロ、レイア、ヨーダ、C3PO、R2D2、ジャバ・ザ・ハット、ボバフェット、皇帝など人気キャラが誕生したのがこの三部作。

 

エピソード7~9が闇落ちカイロ・レンの物語/レイ&カイロレン

オリジナル三部作の30年後が描かれている物語です。2010年代後半に公開。主人公は出自が謎のヒロイン、レイですが、本当の意味ではカイロ・レンが主役だと思います。カイロ・レンはハン・ソロとレイアの息子ですが、登場時はダース・ベイダーの立ち位置で暗黒面に堕ちてます。まあベイダーの孫だから仕方ないのかもしれませんが、観客はハン・ソロの息子がダークサイドだなんて!ってショックを受けてから、彼がどうなっていくか見守っていく三部作です。

登場人物のタイムライン

各エピソードで誰が出演していたか、タイムラインで描いてみました。

え?こんな人出てた?

例えば「ルークとレイアってエピソード3出てた?」って思うかもしれませんが、実は出産直後の赤ん坊で出演しています。同じくチューバッカもエピソード3出てた?って思う人もいるかもしれませんが、結構がっつり出てるので、見逃した方はもう一度ご覧になってください。ジャバザハットはエピソード1でポッドレースの主賓で、ボバ・フェットは子供の頃の姿で、殺されたジャンゴのヘルメットを抱えるシーンが描かれています。

出演期間が長いキャラクタートップ7

出演期間が長いキャラクターの長い順番から7名をご紹介します。

同率6位 6作品

アナキン&パルパティーン!
闇の師弟コンビで仲良く6作品。アナキンはep1~6、パルパティーンはep1~3、4、5、9で出演!

5位 6.5作品

ルーク・スカイウォーカー!
ep3~6、7、8、9で出演。ep3は赤ん坊のころに、ep7は一瞬(笑)。ep9は霊体のみなので半分減らして6.5作品としました。

同率3位 7作品

レイア&チューバッカ!
それぞれep3~ep9まで出演。レイアのep3は赤ちゃんですが・・・

1位 9作品

C3PO&R2-D2!
ナンバリング作品には皆勤賞!名コンビですね。

現在人気のライトセイバー

セイバートリオのライトセーバーは、起動時に映画のように下から順番にブレードが点灯します(要オプション)。さらにそのままチャンバラにも使えます。

セイバートリオ社のライトセーバー

ライトセーバー ブランドごと

セイバートリオ
セイバーフォージ
ウルトラセイバーズ
セイバーアレックス
ベイダーズヴォルト
ルシファーセイバーズ
カイバーライト

ページの先頭へ