ルーク・スカイウォーカーのライトセーバー

ルークのライトセーバー

ルーク・スカイウォーカーといえば、説明するまでもなくスターウォーズ第一作の「エピソードIV 新たなる希望」から「エピソードVI ジェダイの帰還」まで主役を務めた言うまでもなく超主要人物。エピソードVIIIでもほぼ主役級の扱いでした。

ルークの1本目のライトセーバー


※写真はセイバーフォージ グラフレックス

さて、このルークのライトセーバーといえばまずはこちら。このライトセーバー、ルークのライトセーバーというよりも、スターウォーズを代表するライトセーバーです。まさにキング・オブ・ライトセーバー。

こちらはもともと、アナキンがジェダイ・ナイトに昇格したときから使っているライトセーバーで、時系列ではエピソード3から登場します。特にオビワンとのムスタファーの戦いは印象的でしたね。

 

この後、アナキンは地の利を得たオビワンに両脚を切断され、ライトセーバーを手放します。そのライトセーバーはオビワンに拾われ、去っていくオビワン。

「You were my brother Anakin! I loved you!」とオビワン。名シーンですね~。全映画の中で一番好きです。

 

その後、爺さんになったオビワンが、ルークにこのライトセーバーを手渡します。ルークが初めてライトセーバーを手にした瞬間。これを機にジェダイになったってことかな?

 

父のライトセーバーを携えて父と対戦するルークですが、このときライトセーバーは腕ごと切られ、地の底に落ちて行ってしまいます。その後、このライトセーバーは行方不明になり、エピソードVIではルークは別のライトセーバーを作ってそれを使っています。

 

時は流れて30年・・・

 

なんでオメーが持ってんだ!?

長年のスターウォーズファンなら誰しもが突っ込んだであろうシーンですが、惑星タコダナで酒場のオーナーをしているマズカナタがライトセーバーをレイに手渡すシーン。とにかくずっとマズカナタが保管してくれてたみたいです。(ちなみに惑星タコダナは高田馬場が由来らしい。)

 

そしてレイから再びルークへ

 

ということで、

アナキン → オビワン → ルーク → (?) → マズカナタ → レイ → ルーク → レイ

と、数奇な運命を辿ったのがこのライトセーバーなわけです。一瞬ですが、フィンとカイロレンもこのライトセーバーで戦っています。そういえばスノークも一瞬持ってましたね。

ルークの1本目のライトセイバーレプリカ

ルークの2本目のライトセーバー


※写真はセイバーフォージ プロディガルサン

ダースベイダーに腕を切られてライトセーバーを失ったルーク。その後、エピソードVIでは自分で作ったライトセーバーを使用します。それがこちらです。オビワンのライトセーバーを真似て作ったので、似た形をしています。ちなみにブレードカラーはグリーンです。

 

本当は以前のライトセーバーと同様、青いライトセーバーにするつもりだったそうですが、ジャバザハットに捕らえられた時、空をバックに戦うので、ライトセーバーが青いと背景に消えちゃうので、グリーンにしたとのことです。こちらエピソード8の回想シーンに一瞬登場していますね。

各社のルークのライトセイバーその2

ルーク・スカイウォーカーのコラム一覧

現在人気のライトセイバー

セイバートリオのライトセーバーは、起動時に映画のように下から順番にブレードが点灯します(要オプション)。さらにそのままチャンバラにも使えます。

セイバートリオ社のライトセーバー

ライトセーバー ブランドごと

セイバートリオ
セイバーフォージ
ウルトラセイバーズ
ベイダーズヴォルト
アレックスセイバーズ
ルシファーセイバーズ
セイバーマッハ

ページの先頭へ