オビ=ワン・ケノービ最強説について語るぞ

スター・ウォーズの登場人物の中で最強は誰だ?と言う議論になったとき、だいたい出てくるのがパルパティーンやアナキン、メイス・ウィンドウですが、一部の熱狂的なファンの間で(?)オビ=ワン・ケノービこそが最強!と言う意見が多いのです。そのオビ=ワン・ケノービ最強説の根拠をここでご紹介しますね。

1.戦績がそこそこいい

あくまでナンバリングの映画での話になりますが、戦いの数だけはかなりこなしています。その中でも、戦績はそこそこいい感じです。

○ ダース・モール(ep1)
△ ジャンゴ・フェット(ep2)
✕ ドゥークー伯爵(ep2)
✕ ドゥークー伯爵(ep3)
○グリーヴァス将軍(ep3)
○アナキン・スカイウォーカー(ep3)
✕ ダース・ベイダー(ep4)

3勝3敗1分

勝率5割をいいと見るか、悪いと見るかですが、最後のベイダー戦は全盛期には程遠いので、まあ無しにするならってところですかね。ドゥークーに二度負けてるのは痛いですが。

2.アナキンに勝ってる

作中最強との呼び声も高い、アナキンに勝ってるんですよね。これはかなり大きい。ルーカス自身が「SW最強はエピソード3のアナキンだ」って言ってるぐらいですから、最強なんでしょう。その最強のアナキンに勝ってるから、オビワンが最強という理論です。アナキンはドゥークー、メイス、ルークに勝ち、最後はパルパティーンを奈落に落としてます。そのアナキンに勝ったからオビワンが最強と言うことです(その理論だと、最強のオビワンに勝ったドゥークーが最強なんだけど・・・)。

3.型が防御に強い

オビワンのライトセーバーの型はソレスと言って防御に強い型です。例の「オビワンポーズ」は実はこのソレスの構えなんですね。んで、オビワンはこのソレスを極めています。メイスに「ザ・マスター」つまりはソーレスを極めた者という称号をもらってます。理論上、この型を真に極めた者を傷つけることは不可能と言われています。その割には結構やられてますけどね。

アナキンに勝ったのは、アナキンが使う型の、シエンとその変形であるドジェム・ソが攻撃に特化した型で、オビワンのソレスと相性が悪いなどと言われていますが、守り勝つのが結局一番強いのではないかという意見もあります。

結論は・・・

以上のことを踏まえまして、当店が出す結論としては

オビ=ワン・ケノービが最強!

です。なぜなら僕がオビワンのことを好きだから!なので、あなたもあなたが好きなジェダイを最強ってことにすればそれで良いんではないでしょうかね。キット・フィストーが好きなら実はキット・フィストーが最強とか(笑)。なんか適当?

オビ=ワン・ケノービについてのコラム

現在人気のライトセイバー

セイバートリオのライトセーバーは、起動時に映画のように下から順番にブレードが点灯します(要オプション)。さらにそのままチャンバラにも使えます。

セイバートリオ社のライトセーバー

ライトセーバー ブランドごと

セイバートリオ
セイバーフォージ
ウルトラセイバーズ
セイバーアレックス
ベイダーズヴォルト
ルシファーセイバーズ
カイバーライト

ページの先頭へ