オビ=ワン・ケノービの名前の由来や生い立ちと一生

オビ=ワン・ケノービは、作中、最も人気のあるキャラクターと言ってもいいかもしれません。っていうか個人的に店長が好きなのです。ep1~ep6まで、コンスタントに出演しているのは、オビ=ワン・ケノービ以外には、アナキンと、パルパティーンしかいません。と言っても、ep5以降は霊体としての出演ですが。

当店でもウルトラセイバーズ ガーディアンセイバーフォージ リディーマーと、オビ=ワンのライトセーバーを模して作られたカスタムセイバーが、長年ランキングの1、2フィニッシュを飾っていました。人気の程が伺えますね。(ライトセーバーランキング

目次

目次を表示

オビ=ワン・ケノービの基本データ

では最初にオビワンの基本データから

誕生:57BBY
出身地:スチュージョン
身長:182cm
体重:81kg
種族:人間
最終階級:ジェダイ・マスター
ライトセーバーの型:ソレス
使用ライトセーバー

年表
年代 年齢 出来事 物語
57BBY 0歳 スチュージョンにて生まれ、生後半年足らずでジェダイ聖堂に引き取られる  
44BBY 13歳 クワイガンのパダワンとなる  
42BBY 15歳ごろ サティーン・クライズと出会う  
32BBY 25歳 ナブー侵攻、クワイガンが死去、ジェダイ・ナイト昇格、アナキンをパダワンに ep1
22BBY 35歳 ジャンゴフェットとの戦い、ジオノーシスの戦い ep2
20BBY 37歳ごろ ジェダイ・マスターに昇格 クローン・ウォーズ?
19BBY 38歳 ドゥークーと再戦、ウータパウの戦い、ムスタファーの戦い、オーダー66により隠遁生活開始 ep3
9BBY 48歳 誘拐されたレイアを助ける ドラマ「オビ=ワン・ケノービ」
0BBY 57歳 ルークと共にデス・スターへ、ベイダーとの戦い、死去 ep4

※BBYはBefor Battle of Yavinの略で、エピソード4のヤヴィンの戦い(デス・スターが破壊された戦い)の前何年かで表す年号。その後はABY。
※ジェダイ・マスターに昇格したのが正確にいつか分かりません(><)。知ってる人がいたら教えて!

名前の由来(一説)

オビ=ワン・ケノービが初めて登場したのは、ルークの師匠としての位置づけでした。偉大なるジェダイ・マスター、オビ=ワン・ケノービ。

実は「帯は黒帯」 → 「オビ=ワン・ケノービ」ということらしいのです。

ケノービと黒帯は、似ても似つかないようですが、英語の発音だと黒帯は発音しにくいらしく、ケノービの方がしっくり来るらしいです。スターウォーズの世界観は、日本の時代劇にかなり影響されています。ジェダイの着る服は完全に着物だし、ベイダー卿の姿は伊達政宗の黒鎧です。その他、キャラクターの名前の由来も、クワイ=ガン・ジン=開眼人、ジェダイ=時代、ヨーダ=依田さん(否定されている)などもありますので、あながち眉唾な説でもありません。

オビワンの生まれた星の由来

オビワンの出身は惑星スチュージョン(Stewjon)。57BBYに生まれました。

惑星スチュージョンの由来は、ルーカスがあるイベントに出場したとき、司会をしていたコメディアンのジョン・スチュワートに「オビワンの出身はどこですか?」と聞かれ、スチュワートを文字って「スチュージョンだよ」って言ったのが公式設定になりました。ルーカス適当すぎ!

オビワンはどんなジェダイだった?

オビワンはソレスを極めたジェダイで、ザ・マスターの称号を得ています。歴代ソレスの使い手の中でも最強と言われています。

ソレスは防御に強い型で、ブラスターの防御なんかも超得意。一定時間なら四方囲まれて射撃されても防御できると言われています。逆にアナキンはドジェム・ソという攻撃に特化した型ですが、アナキンの猛攻を得意な防御で受けきり、チャンスを見出して勝利を収めているわけです。守り勝つサッカーみたいな?

また、1000年間現れなかったシスを倒した最初のジェダイであり、ベイダーと化したアナキンにも勝っています。シスに2度勝利したジェダイはオビワンだけ。結構強いんすよ。

オビ=ワン・ケノービ最強説

またオビワンは冷静なジェダイだと言われています。でも結構無茶するし、たびたびピンチにも見舞われているので、それに関してはちょっと・・・

オビ=ワン・ケノービのライトセーバー

オビ=ワン・ケノービのライトセーバーは基本的には二種類あって、1本目はエピソード1、2で、2本目はエピソード3、4、ドラマで使ったものになります。

一本目がこの形。写真はアレックスセイバーズ ガーディアンです。エピソード1でダース・モールに捨てられて無くなったはずだけど、エピソード2でも同じ形のが登場。なので厳密に言うと違うものなんだけど、同じデザインです。まったく同じものをオビワンが作ったんですね。んでエピソード2でドゥークーに捕らえられたときに無くなっちゃいました。

 

2本目がこの形。写真はアレックスセイバーズ ユワンです。物語上の時系列で言えばクローン・ウォーズから、映画ではエピドード3で登場。後にルークがライトセーバーを作ったとき、このライトセーバーと似た形にしました。

 

こちらは基本的には上と同じものですが、エピソード4で使ってたもの。写真はアレックスセイバーズ ギュネスです。スターウォーズの世界で始めて登場したライトセーバーですね。スイッチカードなど微妙にデザインが異なります。

オビワンのライトセーバーについて詳しくはオビ=ワン・ケノービのライトセーバーは2種類?をご確認ください。

オビ=ワン・ケノービの生い立ちと一生について

ここからはオビワンの生い立ち、一生について解説します。結構長いので気長にお読みください。

誕生から少年期

オビ=ワン・ケノービの生まれは、57BBY。

オビワンは幼少のころからフォースセンシティブだったようで、ジェダイに見初められて記憶もおぼつかない生後6か月以内に家族から引き離されたようです。ほぼ記憶が無いことから、かなり小さいころに引き離されたのだと思います。オビワンは故郷のことを覚えてないようです。

ジェダイ聖堂でジェダイヤングリングとして育てられました。その時の師匠はヨーダです。13歳のとき、ジェダイが運営する集団農場に連れて行かれるところを、クワイ=ガン・ジンに見初められて、パダワンになりました。

クワイ=ガン・ジンは最初取った弟子のザナトスがダークサイドに堕ちちゃったので、オビ=ワンを弟子にするのは嫌がってたんだけどね。そのザナトスとクワイ=ガン・ジンが戦うときに、オビ=ワンがたまたま一緒に戦って、しかも命まで救われたので、パダワンにすることを認めたんです。

 

それでもオビワンは最初、クワイガンに反発して関係はあまりうまく行ってなかったようで、デジャリックばっかやってたようです。

ファルコン号でチューバッカがやってたやつですね。つまりゲームばっかりしてたわけです。またクワイガンが任務に行く際、連れてってもらえないのを拗ねたりしてたそうです。なんか親近感が湧きますね。

でも、クワイガンの好きな古代ジェダイの予言などに興味を持って研究したりして、なんとかパダワンとして続けていました。ある時、クワイガンが惑星キャッシークへの任務に赴く際、クワイガンはウーキー族と一緒に敵に捕まってしまいます。それをオビワンが助けたのがきっかけで実力が認められたようです。

パダワン時代、惑星マンダロアにて

その後、ピジャールやテスなどでの任務を解決していくオビワンとクワイガン。その中で惑星マンダロアでの警護の任務に就きます。

そこで出会ったサティーン・クライズ

警護を経て二人はちょっと良い関係に。お互い愛し合っていたのですが、オビワンはジェダイの精神を守り、一線は越えません。もったいないなぁと思いますが、ここで本格的に恋愛をしていればその後のジェダイとしてのオビワンはいないわけですね。ちなみにこの頃、サティーンがオビワンのことを「ベン」と呼んでました。なんでオビワンがベンなのかはよく分かりませんが、その後、自らをベン・ケノービと名乗るのはサティーンへの想いがあったのかもしれません。

エピソード1でのオビワン

エピソード1でオビ=ワン・ケノービは、銀幕デビューを果たします。このときオビワン25歳。と言っても、師匠のクワイ=ガン・ジンの影に隠れ、まだまださほど活躍したってほどではありません。

ナブーへ侵攻した通商連合との交渉の特使としてクワイガンとオビワンが向かいます。通商連合の船内で殺されかけた二人は惑星ナブーへ。途中、クワイガンが助けたジャージャービンクスと合流し、彼の働きによりグンガン(ジャージャーの種族)のボスから船を調達しました。あらためて見ると、意外とジャージャーが役に立ってる

 

3人はナブーの首都、シードに向かいます。そこでアミダラ女王を助けてナブーを脱出しますが、攻撃に遭います。その船が損傷しますが、アミダラのロイヤルシップのドロイドの一体であった初登場のR2-D2の活躍でなんとか持ちこたえます。ですがパワーが足りず本来の目的地、コルサントには行けずにタトゥイーンへ着陸します。

ハイパードライブが故障してパーツを仕入れなくてはならない。そこでクワイガンと侍女と偽ったアミダラ女王と共に街に出かけます。オビワンはお留守番。

留守番している間にクワイガンがアミダラ女王とジャージャーを連れて、アナキンと出会い、アナキンのポッドレース優勝によりハイパードライブ発生装置を入手して船を直します。ナブーを離れる直前、クワイガンはダースモールに襲われますが、なんとか無事に脱出。その船内でオビワンはアナキンと初めて出会います。

「あなたもジェダイなの?どうぞよろしく」
パダワンとは言え、25歳のオビワンに堂々と挨拶する9歳のアナキン。すげーマセガキ。

そしてアナキンを連れてコルサントへ

ジェダイ評議会ではアナキンをジェダイにするのを渋られます。そこでクワイガンは自分が育てるといいますが、すでに弟子にはオビワンがいると。ジェダイの掟で弟子を2人取ることは許されないと。そこでクワイガンはオビワンはもう卒業だと言います。ちょっとうれしいオビワン。ここでようやくオビワンは師に一人前と認められたと言えるでしょう。

しかしアナキンを弟子にすると言うクワイガンに対し、オビワンは「この少年は危険です。みんな感じているのに、なぜ?」と疑問を呈しています。先見の明がありました。

そんなこんなで、アミダラ女王の警護と、ダースモールをおびき出すためクワイガンとオビワンは再びナブーへ。グンガンと共闘し、結果的には通商連合のボス、ヌート・ガンレイを捕らえることに成功します。

しかしクワイガンとオビワンの前に現れたのはダースモール

戦いの末、クワイガンがやられてしまいます!師を殺されたオビワンは、戦いの末見事仇を取ります。実はこの戦い、1000年間無かったシスとジェダイとの戦いで、空白期間を経て最初にシスを倒したのがオビワンです。結構すごい。

クワイガンの遺言により、オビワンはアナキンを育てることを決意。ジェダイ評議会にも正式に認められ、オビワンは晴れてジェダイ・ナイトに昇格しています。というわけで、オビ=ワン・ケノービは25歳のとき、自ら命を救った師匠、クワイ=ガン・ジンを失い、自らの命を断つ弟子、アナキン・スカイウォーカーと出会うのです。

アナキンのパダワン時代

アナキンはクワイガンを失った経験から、パダワンになって1年ぐらい、オビワンが夜間に消えないようにとベッドの横で眠っていたそうです。そんなことされたら可愛くて仕方がないですね。そんなアナキンがダークサイドに・・・このようなエピソードを見てもオビワンの辛さが伝わってきます。

ナブーの侵略(ep1)から数年後、オビワンはアナキンと共に惑星イルムに行き、アナキンに最初のライトセーバーを作らせています。


写真はレプリカの アレックスセイバーズ ヴァンガード。エピソード2で登場。

ガンダークの巣に落ちたのをアナキンに助けられたり、逆にジェダイを抜けようとするアナキンに手を焼かされたりと、共に成長していったのかもしれません。

エピソード2でのオビワン

エピソード2ではアナキンと共に、女王を退位して元老院議員となったパドメの警護にあたります。でも過剰に心配するアナキンと、警護を拒みがちなパドメに手を焼かされる。いつも大変だなぁ、オビワン。

イモムシみたいなクーハンからパドメを守り、賞金稼ぎのザム・ウェッセルを捕まえました。でもそのザム・ウェッセルが口封じのために殺された際に使われた毒矢(ジャンゴフェットが放った)から惑星カミーノを割り出し、しかもカミーノは何者かによってデータを消去されたことを突き止めます。映画ではサラッとしていますが、実は大手柄です、オビワン。

そしてオビワンはカミーノに行って首相と接触。10年前に殺されたサイフォ=ディアスがクローン兵を発注したと聞かされます。んで、そのクローンのホストがジャンゴフェット。ザム・ウェッセルの雇い主であることを確信します。

ジャンゴと一戦交えるオビワン。逃げるジャンゴ。その際、ジャンゴの宇宙船に発信機をつけてジオノーシスまで追いかけます。

 

でも捕まっちゃうオビワン。そこにはドゥークー伯爵が。

ドゥークーはシディアスが共和国を牛耳ってることを伝えます。ドゥークー、そんな重大機密をあっさり教えて良いのかな?

とにかくオビワンがカミーノ、ジオノーシスと奔走し、捕まって死刑宣告を受けている間、アナキンはパドメといちゃいちゃ。オビワン、なんか可愛そう・・・

ともあれ、アナキンはパドメとともにオビワンを助けに行きますが、逆に捕まる2人。3人そろって処刑されそうになりますが、処刑用クリーチャーの攻撃をなんとかかわし、メイス・ウィンドゥ率いるジェダイ軍団、ヨーダ率いるクローン軍団に助けられました。

その後、アナキンとともにドゥークーを追いかけますが、逆に返り討ちに。でもヨーダが助けてくれてくれますが、ドゥークーには逃げられ、アナキンは右腕を切られてしまいます。この映画、オビワンはヨーダに助けられっぱなし。足を向けて寝られません。

クローン・ウォーズでのオビワン

クローン・ウォーズでのオビワンの活躍はちょっとありすぎなので、全部は紹介しきれませんが、僕が注目している所だけでも。

オビワンはジェダイ将軍、その後ジェダイ上級将軍の階級を授けられます。第7空団の指揮官として、副官のコーディーと共に数多くの戦いに従軍します。途中、アナキンがジェダイ・ナイトに、オビワンはジェダイ・マスターにそれぞれ昇格します。

ドゥークー、グリーヴァス、アサージベントレス、キャド・ベインなど分離主義勢力側と数多くの戦いを経験します。アナキンにはアソーカ・タノがパダワンになり、そのお世話もすることにもなります。クレリティアン星系では霊体となったクワイガンとも再会しています。

ダース・モールとの再会

最も特筆すべきはダース・モールとの再会でしょう。オビワンに真っ二つにされたはずのモールは、実はしぶとく生きていました。ゴミ捨て場で蜘蛛の下半身を手に入れ生き延びたモールは、弟のサヴェージ・オプレスと母のマザー・タルジンに救われました。そしてあらたにスーパー・バトル・ドロイドの二足歩行の下半身を手に入れました。

あるとき、モールとオプレスの猛攻により捕らえられたオビワンですが、賞金稼ぎに転身したアサージ・ヴェントレスの出現によって助けられます。アサージは賞金首となっていたオプレスを狙ってたのです。利害が一致したオビワンとアサージは、タッグを組んでダースモール兄弟と戦います。その戦いではモール兄弟は倒せませんでしたが、なんとか逃げ切ることが出来ました。

その後、再度の戦いでオビワンとともに兄弟と戦ったジェダイのアディ・ガリアも倒されています。

 

新マンダロリアン政権と対立するマンダロリアンの組織でデス・ウォッチがあります。新マンダリン政権の指導者であるサティーン・クライズですが、彼女はオビワンにとって非常に大切な女性であります。そこに目をつけたダースモールはデス・ウォッチと同盟を組み、さらには指導者となってしまいました。

あえなく捕まるサティーンとオビワン。そしてなんとサティーンは、ダースモールによってオビワンの目の前で殺されてしまいます!!

 

それでもジェダイの教えを守り、怒りを爆発させることなく、再びダースモールに捕まります。なんと出来た男なんだ、オビワン・・・。その後、デス・ウォッチのメンバーでサティーンの妹であるボ=カターン・クライズに助けられてなんとか逃げることが出来ました。

数年後、メイスと共に、ドゥークーを手を組んだモールと一戦交えますが、とりあえずモールはオビワンの前からしばらく鳴りを潜めます。

アソーカ・タノとオビワン

アナキンのパダワンとなったアソーカ・タノはクローン・ウォーズシリーズの主役と言っても過言ではないでしょう。それくらいの活躍をしています。ジェダイ・ナイトに昇格したアナキンとオビワンは、師弟関係というよりも共にミッションを遂行する同士のようになっていました。そのため孫弟子にあたるアソーカに対しても積極的に指導を行って、可愛いがっていました。

あるとき、ジェダイ聖堂爆破事件が起こります。実行犯のレッタ・ターモンドと面会中、ターモンドが黒幕のバリス・オフィーに独房外からのフォースチョーキングにより死亡してしまい、ターモンド殺しの汚名を着せられてしまいます。オビワンはすでに評議会員の一員であったため、表立ってアソーカをかばうことが出来ませんでした。冤罪が晴れ、評議会がジェダイに戻るよう説得したアソーカが、去っていくとき追いかけるアナキン。その後を追おうとするオビワンですが、プロ・クーンに止められています。

この一件が、アナキンがジェダイに対し不満を抱く一因になったのではないかと言われています。

エピソード3でのオビワン

エピソード3はグリーヴァス率いる分離主義勢力がパルパティーン最高議長を誘拐したというところから始まります。まあ芝居なんですけどね。オビワンとアナキンはグリーヴァスの旗艦に乗り込みパルパティーンを探すと、そこにはパルパティーンとドゥークー伯爵が。

オビワンは情けないことにドゥークーに気絶させられてしまいます。オビワン、ドゥークーには勝率悪しです。ドゥークーにとってはオビワンは孫弟子ですが、お祖父ちゃんには弱いってことですね。オビワンが倒れている間、アナキンがドゥークーを倒し、パルパティーンにそそのかされてドゥークーを殺してしまいます。オビワンが起きてたら止めていただろうに・・・

その後、コルサントに戻り、ジェダイ評議会員に選ばれてるのにマスターになれなくて拗ねるアナキンにパルパティーンのスパイをするように説得します。ミイラ取りがミイラになるだけだよって観客の多くが思ったでりましょう。ヨーダ、そのくらい読んでよ。アナキンはとりあえずコルサントに残り、オビワンはグリーヴァスを捕らえるためウータパウへ。そこでグリーヴァスと対戦。

戦闘を重ねつつ見事グリーヴァスを倒しました。最後はブラスターで心臓を一撃!とおもったら合計5発入れてます。

「こんなものを使うとは」

ブラスター嫌いで有名なオビワンの名セリフですね。

師匠が命がけで一生懸命戦っている間、アナキンはパルパティーンに篭絡され、あっさりシスになりダースヴェイダーを襲名しました。どうもアナキンはオビワンがいないところで悪さをしますね。困ったもんだ。

同時にオーダー66が発動されます。各地でジェダイが抹殺され、オビワンにも副官であるコーディーが部下に後ろから撃つように命令します。このとき信頼していた部下2名に裏切られたってことですね。悲しい運命だ・・・ですがなんとか生き延びてグリーヴァスのスターファイターを奪いコルサントへ。

ヨーダとベイル・オーガナに合流し、ベイルは議会へ、ヨーダとオビワンはジェダイ聖堂へ向かいます。そこでアナキンがジェダイの子どもたちを虐殺したことを知ります。これは辛い。辛いこと続きです。これで良く生きてるなオビワン。

オビワンはパドメに会いに行き、アナキンが虐殺した事実を伝えます。とても信じられないパドメ。アナキンの行き先は教えてくれません。そこでパドメがアナキンに会いに行くだろうと思い、こっそり船に忍び込み、溶岩の星、ムスタファーへ。

そこでアナキンと対峙します。悲しい師弟対決です。押され気味で戦いを進めます。

ですが最終的に地の利を得てアナキンを制し、アナキンの両足を切断します。止めを刺すことが出来ないオビワン。

「弟だと思っていた。愛していた。」

の名言を放ち、アナキンの元を離れます。

パドメの出産に立ち会うオビワン。双子を出産しますが、亡くなってしまいます。レイアはベイルが引き取り、ルークはラーズ夫妻の元へオビワンが送り届けます。

タトゥイーンで隠遁生活

その後、タトゥイーンでルークを見守りつつ隠遁生活を送るオビワン。正体がバレないようにベン・ケノービと名乗ります。どうせなら「ケノービ」を別の名前にすればいいのにってみんな思ったはず。ちなみにベンは、恋人っぽかったサティーンクライズがオビワンを呼んでた名前ですね。

隠遁生活も平和ではなく、ベイダーの命令により尋問官がオビワンを探しに来ます。オビワンがなかなか見つからないのでサードシスターの手引でレイアを誘拐。ベイルから協力を要請されたオビワンはレイアを助けに惑星ダイユーへ行くことにします。

なんとかレイアを見つけたオビワン。自分を信用しないレイアに手を焼きながら、なんとか脱出の算段を立てますが、サードシスターに見つかります。そこで彼女からベイダーが生きていることを知らされます。

その後は帝国軍の大尉であり、ジェダイの生き残りに対し援助しているターラ・ドュリスに助けられたりして、逃げてますが、とうとうダースベイダーと対峙します。

炎の中に投げ込まれ、引きずられるオビワン!絶対ムスタファーで焼かれた仕返しですな。しかしターラの機転によりなんとか助けられて逃げ出します。

なんだかんだの逃走劇があり、レイアを無事ベイルの元に送り返します。

その後、ムスタファーで再びベイダーと対峙。以前の戦闘ではても足も出なかったオビワンですが、2度目(タトゥイーンからは3度目)の対戦では力を取り戻したオビワンがダースベイダーを圧倒します。今まで見たことのないようなフォースを繰り広げます。このときのオビワンが史上最強ではないでしょうか。フォースで岩を持ち上げて、ガンガンとベイダーにぶつけていきます。それにしてもあんなに岩ぶつけられたら、さすがにベイダーでも死んじゃうでしょ。

オビワンのライトセーバーの一撃で、ベイダーのマスクが破れ、素顔を見たオビワン。

「アナキン・・・」と声をかけ、しかも謝罪!そしてそのまま去っていきます。またもや止めを刺さずに見逃すオビワン、なんとも甘いですね。やっぱり今でも愛しているんだな。

モールとの再戦

BBY2、ダースモールはタトゥイーンに到着。シスのホロクロンを利用して元弟子であるエズラ・ブリッジャーにモールがオビワンを狙うため、タトゥイーンに来ることをほのめかします。エズラはそのことをオビワンに伝えるためタトゥイーンへ向かいました。砂漠をさまよっているうちに砂嵐のために倒れるエズラですが、オビワンが現れてエズラを助けます。そこにやってくるモール。つまりモールはエズラを利用してオビワンをおびき寄せました。

オビワンとモールの対戦!オビワンは最初、自らの構えであるソレスから、アタルに構え直しました。アタルはそう、師匠であるクワイガンの型です。

 

瞬殺!

オビワンの振り下ろしたライトセーバーがモールをライトセーバーごと胸を引き裂く!積年の宿敵同士である対決は一瞬のうちに終わりました。

オビワンの腕の中でモールは「復習を果たしてくれ」と皇帝を倒すよう懇願して息絶えました。

エピソード4でのオビワン

ジャワからR2-D2とC3POを手に入れたルークは、R2に込められたレイアのメッセージを見ます。

R2がオビワンを探しに行くため逃げ出したのをルークが追いかける途中、タスケン・レイダーに襲われますが、それをオビワンが助け、ルークに自分の生い立ちと、ルークの父親について語ります。「君の父親はベイダーに殺された」と事実を捻じ曲げて伝えます。そしてレイアのメッセージを見たオビワンはルークにフォースを学んで戦うよう促します。あまり乗り気じゃないルーク。

ですが育ての親であるラーズ夫妻が帝国軍に殺されてるのを見て、ルークはオルデランでフォースを学ぶことを決意します。

 

移動手段を得るためモスアイズリーに行きます。

酒場で初めてのライトセーバー登場!つえーんだな、このジジイ!って思った瞬間。

 

そしてハン・ソロと出会います。

ミレニアム・ファルコンでオルデランに向かいます。

「最初に2000払う、後の15000はオルデランに着いてからだ」

最初からレイアに払わせる気満々のオビワン(笑)。

 

ともあれ、オルデランに向かうミレニアム・ファルコン号。しかしオルデランはデス・スターに破壊されてありません。さらにはデス・スターのトラクタービームに捕まってしまいます。

オビワンの機転でなんとか捕虜にならずにやり過ごした一行。トラクタービームの電源をオビワンは一人で切りに行きます。ルークたちはレイアを助けに。

 

トラクタービームの電源を切ったあと、オビワンはベイダーと遭遇。そこで戦闘になります。

互角の戦いをしながらも、窓の奥に見えたルーク一行を逃がすため、わざとベイダーにやられるオビワン。アナキンとの思い出や、未来を託したルークなど、いろんな想いがあったんでしょうね。ベイダーに横薙ぎに一刀両断かと思いきや、死体は残らず姿は消えてしまいます。オビワンはジェダイゴーストとなりました。享年57歳です。

その後、ルークがデス・スター攻撃の際、照準を合わせるルークに助言を与えます。

「ルーク、フォースを使え」

オビワンの助言により見事デス・スターを破壊したルーク。ちなみにデス・スターには170万人ほど駐留していたといわれております。大殺戮者だなルーク。よく闇落ちしなかった。

その後も危機や悩んだときは霊体となって助言を与えています。命を助け、ジェダイに導き、逃がすために自ら犠牲になって、死んでからも助言する。良い師匠だなぁ。

オビワンの恋

禁じられているジェダイの恋愛ですが、オビワンは少なくとも2人の愛した女性がいました。どちらとも一線は超えてないようです。

シリ・タチ

ケノービと同じ時期にコルサント寺院で修行したジェダイの一人。当時、ジェダイは手をつなぐことを禁じられていましたが、タチとケノービはよく昼食時にテーブルの下で手をつないでいたそうです。シリとはその後、それぞれパダワンになったあとに離れ離れになってしまいましたが、オビワンはよくシリのことを思い出していたようです。

サティーン・クライズ

「昔、私を助けに来てくれた時から、あなたを愛していました」
「あなたがその言葉を言っていたら、私はジェダイ騎士団を辞めていたでしょう。」

先程も書きましたが、オビワンが最も愛した女性はサティーン・クライズです。新マンダロリアン政権の国家元首。「公爵夫人」と表記されていることもありますが、彼女自身が公爵であり、独身です。

マンダロアの内戦中、クワイガンの下で修行していたオビワンは、サティーン・クライズと恋に落ちました。2人は1年以上、逃亡生活を送りましたが、オビワンはジェダイの精神により、彼女との本格的な恋愛を避けました。政治的には対立する立場を取りながら、彼らは秘密裏に愛し合っていました。モールによりサティーンが殺された際はオビワンは目の前にいましたが、ジェダイの精神に則り、怒りを爆発させることはありませんでした。

「忘れないで、わたしのオビワン・・・
  あなたをずっと愛していたわ・・・これからも・・・」

が最後の言葉です。悲しいですね・・・

オビワンの一生、結構辛い?

こうしてオビワンの一生を振り返ってみると、結構辛い人生ですよね。

簡単にいえば、幼い頃に親と引き離され、アナキンを育て上げ、弟のように可愛がったけど裏切られて、 粛清したけどトドメは刺さなかったので、後に殺されちゃったっていう話です。 エピソード2の冒頭のシーン、ザム・ウェッセルを追って、アナキンとともに酒場に入るときに「将来、お前に殺される気がする」と言いましたが、まさに予言通りになったわけですね。

さらには師匠や恋人は目の前で殺されています。

 

オビワンはジェダイとして常に高潔な精神を持ち続けてきました。でも抜けてるところもあり、結構やられちゃうこともあって、人間的な魅力も持ち合わせています。だからこそ人気があるんだと思います。

おそらくオビワンが最も幸せだった時期は、サティーンとの逃亡生活中、そしてクローン・ウォーズで描かれている、アナキンと数多くのミッションに対応していたころなのではないでしょうか。愛する二人と共に過ごした時間がオビワンにとってかけがえのない時間だったのかもしれません。

動画で解説!

オビワンケノービ解説part1/2 どんなジェダイ?名前の由来は?使用ライトセーバーなど

 

オビワンケノービ解説part2/2 その一生、幼少期から

オビ=ワン・ケノービについてのコラム

現在人気のライトセイバー

セイバートリオのライトセーバーは、起動時に映画のように下から順番にブレードが点灯します。さらにそのままチャンバラにも使えます。

セイバートリオ社のライトセーバー

ライトセーバー ブランドごと

セイバートリオ
セイバーフォージ
ウルトラセイバーズ
ベイダーズヴォルト
アレックスセイバーズ
ルシファーセイバーズ
セイバーマッハ

ページの先頭へ